Xサーバーのセキュリティ対策として二段階認証設定を実行!

副業

少しでもわくわくすることを見つけようとこのブログを始めたわけですが、やはり現在の介護の給料だけだとしんどいです。

そこで、昨年からワードプレスというブログサービスを使って、アドセンスなるものにチャレンジしています。

私が使っているXサーバーから12月9日に、セキュリティ強化のために二段階認証設定を始めました、との知らせがあったので早速やってみました。

 

 

Xサーバーのセキュリティ対策が必要なわけ

まず、なんで面倒な二段階認証をする必要があるか?ですよね。

私はまだ稼ぐためのアドセンスブログを始めたばかりですからピンとこないのですが、実際ブログを乗っ取られた人がいるとのこと。

ある程度ブログで稼げるようになってから、これをやられると悲惨ですよね。

それでまあ、近い内に稼げるようになると勝手に想定して、二段階認証の設定をしたわけです。

Xサーバーの二段階認証設定の手順

これは、XSERVER インフォメーションというメールが来るので、そこの[エックスサーバー]二段階認証設定に従って、インフォパネルの二段階認証を設定する → サーバーパネルの二段階認証を設定する、の順に進んでいけばOKです。

その次に、「QRコードを表示」ボタンをクリックから、認証コード生成アプリに登録へと進んでいきます。

ここで、私がやっておいて良かったと思ったのが、すでに認証コード生成アプリであるGoogle Authenticator をスマホに入れてあったことです。

ほら、Googleの2段階認証の時に携帯のキャリアメールが12月1日から使えなくなる、という知らせがありましたよね。

私はその時にGoogle Authenticatorをダウンロードしてあったので、そのままQRコードを読み込みました。

ただ、Google Authenticatorをダウンロードした時に、開いてみると何の手違いか6桁の数字が上下2列に表示されていました。

Googleの2段階認証をキャリアメールからこのアプリに切り替える時に、上と下のどっちの数字が正しいかわからなかったので両方試したら、下の数字が正しかったです。

そして、今回のXサーバーの二段階認証で、数字が縦に3列並ぶことになりました。

Xサーバーにログインするときに必要な6桁の数字は、「XSERVER_InfoPanel」と表示されます。

まとめ

Xサーバーのセキュリティ対策といっても、最初は重要視していませんでした。

でも、これから収入と時間を自分でコントロールできるようになりたいと思っているんもで、できることで小さなことからやっていこうと決めました。

アドセンスは以前無料ブログのソネットブログで少しやったことがあります。

その時にアカウントは取ってあったので、ワードプレスで再開するのはそんなに手間ではなかったです。

でも今は、広告を貼るブログを作るたびに審査があるので、面倒になりましたね。

せっかく使っているXサーバーの、セキュリティ対策として二段階認証設定をしたので、安心して副業に取り組めます。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました